刈谷ハピネス接骨院

予約優先0566-28-4468 お問い合わせはこちら
MENU

女性に多い『骨盤の歪み』から起こる悩み

一般的に骨盤の歪みの原因としてあげられるのは
(普段の生活習慣の中で起こる骨盤の歪み)
・椅子にもたれ掛かって座る ・足を組む
・横向きで身体を捻った状態で寝る
・どちらか片方の肩にカバンを掛けがち….など
更に女性の場合は
・横座り ・ヒールの高い靴を履く
・出産 があげられます。

横座り
横座りは、膝を曲げ片方向に両脚を出す座り方のですので、重心が片方向に掛かります。
その場合、骨盤は捻れて座っている状態です。
こういった状態が継続的に行われる事で、骨盤は次第に捻じれていきます。
ヒールの高い靴を履く
ヒールの場合、前荷重になってしまいます。
その為、バランスを保とうとして体を歪めて安定させようとします。
その際に、体の中心に位置する骨盤に歪みが生じ易くなってしまいます。
出産
妊娠から出産にかけて、ホルモンの影響により関節や靭帯の柔軟性が増し、
骨盤にある仙腸関節の動きも妊娠前に比べて大きくなります。
仙腸関節の動きが大きくなることで赤ちゃんが通過するためのスペースを作り易くします。
出産するうえとても大切なことですが、骨盤が大きく開き緩んでしまうことで、骨盤は歪みが生じやすくなります。

骨盤の歪みが原因で起こること(悩み)
・身体のむくみ ・冷え性 ・肩凝り
・腰痛 ・股関節痛 ・・・・など
身体のむくみ・冷え性
骨盤が歪むことで周辺の筋肉に負担がかかりやすくなります。
そうすると、筋肉は硬くなっていきます。
筋肉が硬くなると血液やリンパの流れが悪くなり浮腫みに繋がります。
血流が悪くなると手先・足先などへの血流が滞り気味になります。
血流は心臓からの熱も運んでくれています。
その熱が滞り気味になることで冷えが発生していきます。
肩凝り・腰痛
骨盤は脊椎を通して頭部と繋がっており、骨盤が歪むことで骨盤と繋がっている脊椎を支えたり、脊椎の動きに関係する筋肉が硬くなったりしてしまいがちになります。
また、頭部を支える筋肉や腕の動きに関わる肩甲骨周りの筋肉の硬さを生じさせます。
股関節痛
骨盤に歪みがあると、脚の動きに左右差が出易くなります。
左右さが出たままの状態で歩いていたりすることで、股関節にねじれが生じてしまい痛みに繋がることがあります。

出産後(骨盤が開く)での歪みから起こること(悩み)としては
・今迄履いていたズボンが履き辛い(履けなくなる) ・おしり大きく見える
・お腹のたるみが戻らない ・体型が崩れてそのまま・・・など

骨盤の歪みは、色々な不調の原因になる事があります。
普段から正しい姿勢を意識しておくことが大切です。

意識しても治らない、変わらないとお悩みの方、
治療を受けるために質問したい内容があればご相談下さい。

お身体の悩みやご相談は
刈谷ハピネス接骨院
TEL:0566-28-4468

>

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ