刈谷ハピネス接骨院

予約優先0566-28-4468 お問い合わせはこちら
MENU

腰痛コラム第1回 原因:(腰痛グセがある人に特徴的な『姿勢』とは)

接骨院で働いていると、よく腰痛の人が来院されます。
1番多いと言ってもいいぐらいに多く見受けられます。

では、どうして腰痛になるのか?
重い荷物や激しいスポーツをして腰に負担をかけた場合。
年齢によるもの、運動不足からくる筋力不足など、
色々とある中で、よく言われるのが姿勢だと思います。

現代はデスクワークでのパソコン業務やスマホの利用などにより、前傾姿勢が頻繫になり腰に過度な負担がかかる事で、腰痛を引き起こす原因になってしまうことがあります。
また、筋力不足により姿勢維持が困難になってくると、やはり腰に負担が掛かり腰痛になり易いです。

今回は、腰痛になり易い『姿勢』について書いていきます。

では、悪い姿勢とは?

・猫背姿勢
背中が丸まって頭部が前側に出る姿勢のことです。
パソコンやスマホ使用時などは、画面を見ようとして知らず知らずのうちに頭部を画面に近づけてしまいがちで、結果として猫背姿勢になってしまいます。
その姿勢が長時間続く事で首や肩、更には脊椎で繋がっている背中や腰の筋肉まで筋緊張による凝りが発生してしまいます。

・椅子に浅く座り、背もたれにもたれ掛かかる姿勢
長時間座っていて、疲れてくると徐々にお尻が前に出てきてしまい、重心が背中に以降している状態の座り方です。
背中から腰にかけて丸くなっていますので筋肉への負担だけでなく、腰椎への負担にも繋がり、椎間板ヘルニアになってしまう危険性も含んでいますので、要注意です。

・女の子座り
床に座る時に、女性がしてしまいがちな座り方です。
正座から左右のどちらかに崩す様な座り方のことです。
この座り方は片側に重心が偏ってしまうため、腰椎や骨盤などに歪みが生じやすい姿勢です。また、左右のどちらか同じ姿勢を繰り返す事により、歪みの左右差がより大きくなっていってしまいます。

・ 足組み姿勢
長時間座る場合に癖の様に組んでしまいがちな姿勢ですが、
この姿勢、女の子座り同様に重心が偏ってしまい、骨盤の歪みの原因になってしいます。
また、重心が偏ることで背中や腰の筋肉にも負担が掛かり易い姿勢です。

上記を読んでもらうと解ると思いますが、
腰に負担のかかりやすい姿勢とは、バランスの悪い姿勢のことです。
前後または左右に重心が偏ることで脊椎や骨盤といった体を支える部分に歪みを生じさせてしまい、結果として体の中心にある腰に大きな負担がかかってしまいます。

正しい姿勢とは
立ち姿勢、座り姿勢、どちらも基本的なポイントは、
『耳・肩・腰・ひざ・くるぶしが一直線』になるように、です。
座り姿勢でのポイント!
頭:あごを体の前方に突き出さない(PCやスマホ時に画面を近くで見ようとしない)
肩:肩の先端と耳が一直線上になるように(肩に力が入り巻き肩にならない様に注意)
背中:猫背にならず、反りすぎないように
(斜め下を向くと猫背になり易い為、PCやスマホは画面が目線の高さ位が理想です)
お尻:軽くお尻を締めるようにする(骨盤を上に引っ張るイメージです)
荷重:左右バランスよく体重をかける(片側に重心を掛け過ぎない)

次回、
腰痛コラム第2回(予防)は、『腰痛を予防するらくらくストレッチ』です。
宜しくお願い致します。

また、治療を受けるために質問したい内容があればご相談下さい。

お身体の悩みやご相談は
刈谷ハピネス接骨院
TEL:0566-28-4468

>

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院 ■刈谷ハピネス接骨院
■岡崎北ハピネス接骨院 ■岡崎ハピネス鍼灸接骨院 ■安城ハピネス接骨院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院丸の内   ■名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅

ページの先頭へ